クリーンインストール

ubuntu16.04 をクリーンインストールしてアップグレードしたが, curtin command error なるものが起きた.
パーティションが原因で, ubuntu16.04の時にLVMにしてたのが多分原因.
fdiskで適当にパーティションぶっ飛ばしたら解決. (http://yang.amp.i.kyoto-u.ac.jp/~yyama/Ubuntu/strage/hdd-format.html)

変更点

※軽くググっただけなので要リリースノート参照

・Linux Kernel 4.15ベースのKernelに変更
・デフォルトのJavaがOpenJDK 10に変更
・SpectreとMeltdownへの対策
・CIFS/SMBプロトコルバージョン変更
・NetPlanへの完全移行 ※ifupdown入れることも可能
・新しいCUIインストーラーの採用 (インストール時にオプションパッケージの指定がなくなっているので注意)
・Canonical Livepatchに対応

リリースノート (https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes)

ネットワーク設定について

ifupdown から netplan へ変更したが, ifupdown を入れて今まで通り運用することも可能. (/etc/network/interface 参照)
新しい設定ファイルは /etc/netplan/*.yaml としておく.